読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ心理学研究所

幸福度(EQ)アップの研究所です。ポジティブ心理学に出会う前の古い記事はネガティブなので注意。

DaiGo流、人生を変えるための50のチェックリストまとめ

凡例 今まで→これから

ネガティブな感情を使いこなせるようになる心理学

ネガティブな感情や弱点すらを味方につけるホールネスとは 上手に手を抜けば仕事の成果も最大化される幸福優位の仕事術 成功するには20%のダークな感情が必要な理由 人生の満足度を測定するフラリッシュテストをやってみよう ネガティブな感情受け入れる…

人生の幸福度・満足度を上げるポジティブエクササイズ

ポジティブ・チェンジ作者: メンタリスト DaiGo出版社/メーカー: 日本文芸社発売日: 2015/10/01メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る Three Good Things Three Good Things を5日間やると数ヶ月効果が続くらしい。 その内容は…

やりましたリストで人生が激変するらしいので書いてみる

ホッテントリに上がっていた記事 y-matsue.hatenablog.com www.uni45.com これは人間の幸福を追求するブログとしてはやらずにはいられないでしょう。 ということで書いてみました。

平成27年(2015年)、買ってよかったものランキング

実はそこまで買った物が少ないのでいきなり3位からです。

ブログタイトルを変更しました。

ブログタイトルを『昨日起きて今日寝る』から『前向きに行こう』に変更しました。 ちなみにその前は『現代版徒然草』で、約二年前のブログ開設当初からずっとこのタイトルで来ていて先月くらいに『昨日起きて今日寝る』というタイトルにしたばかりで、『昨日…

入院を振り返る(1) 悲恋

諸事情で入院していて先日、無事退院しました。 今回の入院では悲恋という一言に尽きるでしょう。失恋ではないのです、悲恋なのです。 なぜなら何もアクションができなかったから。

なぜ人間は定期的に異世界にワープしないと苦しくなるのか

子供のころには容易に異世界へ入り込むことができた。 ゲームをすればゲームの世界へ入り込んだし、世界を救う勇者になったり、モンスターを育てるブリーダーになったり、スタント顔負けのアクションスターにだってなれた。 アニメや漫画を見れば、主人公を…

そろそろ定職に就きたい気持ちもあるんだが具体的にどうするべきかがわからない

決められた道をただ歩くよりも選んだ自由に傷つくほうがいい ──『機甲戦記ドラグナー』 主題歌より

家庭用ゲーム機がオワコンになったようですが皆さんはゲームで遊んでますか?

国内のゲーム市場の半分がスマートフォンになったそうです。 国内ゲーム市場、半分がスマホに 13年の市場規模、家庭用ゲームソフトの2倍 - ITmedia ニュース (function(){var poutsch = document.createElement('script'); poutsch.type = 'text/javascript'…

25歳彼女いない歴年齢職歴なし無職が久方ぶりに本気を出した件

パチっ娘モンスターの頓挫以降、長期プロジェクトの危うさにげんなりしてしまって短期的でインスタントな作業ばかりで成果をあげることに躍起になっていたが、やはりそれではダメだということに立ち返った。 私が本気を出したのは昨日からである。その意気込…

RPGツクールとアフィリエイトは似ている

どうも、鈴村あいりちゃんの存在を知ってからというもの、能年玲奈が鈴木あいりちゃんにしか見えなくなっている25歳素人童貞無職の僕です。 RPGツクールというゲーム、あるいはツールを知っているでしょうか。 プログラムのできない素人でもGUIによる簡単な…

友達が一人もいないやつにありがちな10のこと

都知事選終わりましたがイノセント知事のままの方が絶対よかったのにと思ってるどうも僕です。 個人的には田母神さんか家入一真氏に当選して欲しかったですね。細川氏と宇都宮氏が2、3位とつけてることに驚愕です。

おいらの世代(昭和63年会)が最強すぎる件

どうも、私は昭和63年生まれの25歳なのでいわゆる田中将大世代です。 この年の学年には、昭和63年生まれと64年生まれ、そして平成元年生まれが混在するカオスな世代だったのですが、どうもこの世代が最強すぎるので列挙してみます。

結局、人間の才能は幼いうちに何をしてたかで決まるという事実

Family Photos 1999-2002 / IvanWalsh.com これをしっかりとボンクラ親連中には認識してもらいたい。子供の才能を伸ばすためには大人の最大限のバックアップが必要なのだ。 とある出来事にとてつもない敗北感を味わったのでこれを書くにいたった。 以下、幼…

飽和する社会【2日目】

あれだけ目新しく楽しいものだった配信も、ニコ生等の認知により汎く一般化しすっかり飽和してしまった。 配信は、昔はコアなネットユーザー層しか知らない世界だった。 最初はピアキャストや、VIPの一部のスレから始まり、その後はしばらくピアキャスとなん…

昔と今でものづくりに対するモチベーションがすっかり変わってしまった

昔→作りたい! だったのがいまや、「作らなきゃ!(まずい)」という使命感に変わってしまっている。 前みたいに自然体な気持ちで欲求として込み上がってくるのでなく、ただ消費するだけの人間になりたくないという逃避から来る、作らなければ消費するだけの…

無職の死にたいフローできた

大卒だって無職になる "はたらく"につまずく若者たち作者: 工藤啓出版社/メーカー: エンターブレイン発売日: 2012/10/31メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 22回この商品を含むブログ (4件) を見る

週5日が無理というより5日働いた後に休みが2日しかないことが問題

休んだ後に自分で何かやりたいことをやるためには最低4日は必要。 5日で放出したエネルギーを充電するのに2日要して、本題はそこから。 2日じゃ明らかに足りなすぎる。

結局本日付けで退職しました。

退職記事が人気らしいので一部始終をつづりたいと思うのですが、ちょっと今日は精神的に厳しいのでまた後日レポートしようと思います。

ぼくにとって組織に身を置くというのは大海の中でもがいてる状態

人は息をつがなきゃ生きてられませんよね 息ができても、その息をするために必死な思いをしなくてはいけない場所にいることはつらいことです。 命にも関わります。 だから人は足のつかない水中に放られたら陸を目指して泳ぐのです。 陸にいさえすればもう息…

組織で生きる才能。一般社会人は才能あふれる人間だった件

世の中で社畜をやっている一般健常者は、才能というのは 野球やサッカーなどのスポーツや、文藝などの藝術など、一部の華やかな業界にしか必要がないと思っている。しかし、社会や組織に溶け込めないコミュ障から言わせてもらえば、組織でじっと黙って働ける…

人間には「死ぬ権利」もあって然るべきだ

死ぬ権利は憲法で保証されるべきで、当然法も整備されるべきだ。 毎日毎日、電車に身を投げる人が絶たない世の中、尊厳死を認めて尊厳死施設を作れば、昨今の不幸な自殺も減るだろう。 これは通勤する人にも、死を求める者にもメリットのあるWINWINな話だ。 …

やたらと画一的な生き方を他人に求める日本という国こそが発達障害だった件について

普通と違うことを誇れ。 世に「発達障害」という言葉がある。 人とコミュニケーションがとれなかったり、無職だったり、いわゆる「普通」の生き方と違ったり、普通に育てなかった人たちが「発達障害」というカテゴライズがされるようだ。 しかしよく考えてみ…

社畜って結局廃人じゃん

よくネットやネトゲに没頭し抜け出せない人のことを「廃人」などと言ったりするが、最近気づいたことだが、週5回も会社にかよって、人生の大半の時間を自分のことより会社・組織のために費やしてるやつのほうがよっぽど「廃人」じゃないか。 社畜=廃人なん…

無職の挫折

ニートでいるのも楽じゃない。 会社に依らずに生きるということは自分で稼がないといけない。 それができないとニートを辞めざるを得ない。 ニートで生きようと決めていたが今ニートを挫折しようとしている。 働いたら負けという言葉があるが、たしかに働く…