ポジティブ心理学研究所

幸福度(EQ)アップの研究所です。ポジティブ心理学に出会う前の古い記事はネガティブなので注意。

人間には「死ぬ権利」もあって然るべきだ

死ぬ権利は憲法で保証されるべきで、当然法も整備されるべきだ。

毎日毎日、電車に身を投げる人が絶たない世の中、尊厳死を認めて尊厳死施設を作れば、昨今の不幸な自殺も減るだろう。

これは通勤する人にも、死を求める者にもメリットのあるWINWINな話だ。
何か問題があるのだろうか。
自殺がマイナスなことであると思い込んでいる社会では、死してなお汚名をかぶらなければならない。
「死ぬ権利」が保証されることで、こういった不幸も払拭されいつでも死ねる手段・人生の逃げ場が用意され、安心感に満ちたより生きやすい世の中になる。

積極的尊厳死が合法化されている国はオランダ等があるが、現在日本でこの問題について本気で議論しているのは新党本質くらいのものだ。

先進国でありながら年間の自殺者が3万人を超える自殺大国の日本だからこそ、もっと活発に議論されるべき問題ではないだろうか。
生きにくい状況であっても、死さえ保証されない社会は、成功者や健常者以外表を歩いてはいけないという暗黙の閉塞感に満ちている。

はだつらマンモス