読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ心理学研究所

幸福度(EQ)アップの研究所です。ポジティブ心理学に出会う前の古い記事はネガティブなので注意。

ぼくにとって組織に身を置くというのは大海の中でもがいてる状態

人生

人は息をつがなきゃ生きてられませんよね 息ができても、その息をするために必死な思いをしなくてはいけない場所にいることはつらいことです。
命にも関わります。

だから人は足のつかない水中に放られたら陸を目指して泳ぐのです。
陸にいさえすればもう息継ぎに苦しむ必要はなく、のんびりゆったりして過ごせるのです。

ぼくにとって会社、組織に身を置くというのはその海上にいる状態と同じです。
大変苦しく、窮屈な場所で居心地が悪いのですぐに陸というモラトリアムな状態に戻りたくなるのです。

つまり辞めたくなってしまうのですが、今日2ヶ月しか勤めてない会社に辞意を伝えました。

本当は本日付けで辞めたかったのですが、とりあえず明日は来いと言われました。

ただでさえ仕事ができなくて怠けてて迷惑かけてる人間がそれに輪をかけて、早々に逃げ出すという状況で会社に行ったら一体どういう風当たりが待っているのか怖くてなりません。
できれば行きたくない。というかそれがやだったから今日付けで辞めたかった。

会社・組織というのは辞めるときでさえ神経をすり減らさなくてはいけない、心の弱い人間にとっては最悪の選択肢です。