読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ心理学研究所

幸福度(EQ)アップの研究所です。ポジティブ心理学に出会う前の古い記事はネガティブなので注意。

Mac標準のFinderが貧弱すぎてPathFinderを買ってしまった

題の通り。

Mac標準のファイラーであるFinderははっきり言って使いづらい。
ざっと思いつくだけでも次のような不満がある。

  • 新規フォルダは作成できても新規ファイルを作成できない。(その場でtxtファイル作成など)
  • ⌘+X で切り取り(カット)ができない
  • 名前でソートした時にフォルダだけ上に並ぶ、といったことができない。(フォルダとファイルの区別なしに名前だけで評価される)
  • 現在階層やファイルのパスをコピーしたい場合に手軽にコピーできない(情報を見るから手作業でコピーしないといけない)
  • 不可視フォルダやファイルを表示する機能がない

などなど、細かい不満をあげたらキリがないほどひどいものなのだ。

とうとうその不満に耐えかねて有料のファイラーを買ってしまった。
それが「PathFinder」である。

値段にして$39.95、4000円とちょっとである。本来ならこんな出費すらするべきではないが、買ってしまうほどにFinderが貧弱すぎるせいである。

さて、このPathfinderは実にすぐれものである。上記に上げた標準Finderの欠点をすべて補ってくれる以外に以下のような機能がある。

  • 2ペイン表示ができる(2地点間のファイルのコピペやドラッグ移動などに便利)
  • ドロップスタックというファイルのスタック機能がある。
  • アクセス権などの情報がひと目でわかる

これら以外にも様々な機能があり非常に多機能となっている。

まあそこまでの多機能は求めないまでも、せめてWinのエクスプローラーくらいの機能は標準のFinderにも備えてもらいたかった。

ちなみにこのPathfinderは30日間は無料お試しで使える。Macユーザーはぜひお試しあれ。