読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ心理学研究所

幸福度(EQ)アップの研究所です。ポジティブ心理学に出会う前の古い記事はネガティブなので注意。

最近目を惹いた秀逸だと思った広告デザイン

インターネット

いつのまにやらネットは広告の溢れる世界。
どこそこ、訪れる場所に広告が待ち構えている。我々はいつしかそれを見向きしなくなった。

ということで、一見するだけしてスルーすることの多い広告ですが、最近おやっとついつい目の止まった広告について紹介します。

矩形=広告という認識を逆手にとる

我々はもはや広告を見すぎていて、矩形の画像を広告と知らずのうちに認識してスルーできる体になっています。

矩形=広告というのが無意識にあるせいで目に留まらないのです。

それを再認識させてくれたのが以下の矩形ではない2つの広告です。

f:id:lettuce0831:20140208023957p:plain

この広告は画像が矩形でなく左上と右下が丸くなっていて、それだけで目に留まってしまいました。
よほど矩形が無視されやすいということがわかります。

2つ目はこちらの広告です。

f:id:lettuce0831:20140208024119p:plain

こちらも矩形を避けた広告デザインです。左下がめくれているデザインになっていて、これも目が留まりました。

めくれた裏側からちょこっと顔を覗かせたキャラクターに目が留まりやすく、うまいなあと感心したものです。

「広告=強調!アピール!」を覆したデザイン

広告といえば、大事な要素や、主張したい売り文句などを強調させたり、とにかく人に訴えかけるようにするためにどれもデザインとしての手法が似通ってしまう部分が多く、それが反対に人の目に留まらない要因にもなっています。

この広告は、その常識を覆したデザインになってました。

f:id:lettuce0831:20140208024449j:plain

見ておわかりの通り、長文です。

普通はブログでも掲示板でも、長文は避けられやすい傾向にあります。
さらにこの広告の長文は文章全体で等価の重みで書かれていて強調などが一切ありません。

普通であれば「キャンペーン中!」みたいな煽り文句を大きくして斜めに配置したりするのですがそれも一切なく、すべて地の文になっています。

そして普通は広告と認知した瞬間に目もくれず無視してスクロールするのですが、長文だったので何が書いてあるのかとつい読み留まってしまいました。

長文&重み付けなし」というダブルで常識を覆したこの広告はなかなかの手法と思いました。

過熱するネット広告

スマホの普及でユーザーのパイも広がり今後はますます広告でいかに人を惹きつけようか、各社で争いが過熱するでしょう。

今後また新たに秀逸な広告デザインが現れてくるでしょう。

既にAdSenseでは少し前からマウスオーバーで動画再生などの新たな試みもされはじめています。これからの広告デザインに注目です。

押さえておきたい書籍

ペンブックス10 広告のデザイン (Pen BOOKS)

ペンブックス10 広告のデザイン (Pen BOOKS)

読まずにはいられない!広告デザイン

読まずにはいられない!広告デザイン

レイアウトデザインアイデア帖 雑誌、ポスター、広告に使える実用サンプル集

レイアウトデザインアイデア帖 雑誌、ポスター、広告に使える実用サンプル集

  • 作者: 高野徹,橋本有可,マルミヤン
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2012/05/18
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

広告会社からのイノベーションって? (2) DENTSU DESIGN TALK (カドカワ・ミニッツブック)

広告会社からのイノベーションって? (2) DENTSU DESIGN TALK (カドカワ・ミニッツブック)

目的別チラシデザイン―イメージ・ターゲット・業種からデザインを絞り込む (Design handbook series)

目的別チラシデザイン―イメージ・ターゲット・業種からデザインを絞り込む (Design handbook series)

目をひく!  読ませる!  チラシデザイン  -つかみが違う! アイデア満載の折込チラシ-

目をひく! 読ませる! チラシデザイン -つかみが違う! アイデア満載の折込チラシ-