読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ心理学研究所

幸福度(EQ)アップの研究所です。ポジティブ心理学に出会う前の古い記事はネガティブなので注意。

発言のごく一部を短縮して抽出するメディアと、まんまとそれに乗せられてしまう大衆

インターネット

全文はどこにもないものの、ぼくが見比べた結果産経が一番まともに発言を抽出していました。

「頑張ってくれと見ていましたけど(浅田)真央ちゃん、(SPで)見事にひっくり返りました。あの子、大事なときには必ず転ぶんですね」

 「日本は団体戦に出なければよかった。アイスダンスは日本にできる人がいない。(キャシー・リード、クリス・リードの)兄弟はアメリカに住んでいるんですよ。(米国代表として)オリンピックに出る実力がなかったから、帰化させて日本の選手団として出している」

 「浅田さんが(団体戦に)出れば、3回転半をできる女性はいないから、成功すれば3位になれるかもとの淡い気持ちで出した。それで、見事にひっくり返ってしまった」

 「その傷が残っていたとすれば、ものすごくかわいそうな話。負けると分かっている団体戦に、浅田さんを出して恥をかかせることはなかった」

 「転んだ心の傷が残っているから、自分の本番の時には、何としても転んではいけないとの気持ちが強く出たのだと思いますね。勢いが強すぎて転んでしまいました」

【ソチ五輪】森会長の発言要旨 「真央ちゃん、見事にひっくり返りました」 - ソチ冬季五輪2014 - MSN産経ニュース

この発言を受けてどう思うかはともかく、他のところは発言の前後を無視し、誤解や悪印象を与えるための材料となるごくごく一部だけを抽出して「ほら見ろ、こんな発言をしたぞ、さあみんな叩け」という、攻撃の矛先を与える魂胆が見え見えでいかにもな記事に仕上がっている。

情報の一部しか与えず、誤解を招いて煽動するというやり方は大衆に対しても森喜朗氏に対してもアンフェアだ。情報はフェアに提供されなければならない。

いい加減こういうのやめにしませんか?

この発言自体に対しては賛否はあるだろうけど、森さんは悪意なくこういうことを発言しちゃう人なので少なくとも私はなんとも思わないが、というかオリンピックに関心なし。

それはともかく、これは毎度のことだが、いい加減こういうのはやめにしませんか?実にくだらない。

メディアも、2ちゃんまとめ(コピペ)ブログや、はちま、Jinレベルのこういった煽動記事を書くよりきちんと全文載せて大衆に判断させましょう。

大衆も、情報を受けて脊椎反射で反応するのは、もうまんまとメディアに乗せられちゃってます。あなたたち、メディアの思惑通りに動いてます。コントロールされてます。

手拍子で悪手打つより一拍置いて考えましょう。

発言ってぃぅのは、前後の文脈が大事。。。

天ぷらといい、発言抽出記事といい、くだらないっす。こういう低俗なマスメディアは滅びればいい。

日本のマスコミがもう少し公正になることを切に望む。たぶん無理だけど。

追記

やっぱりニュアンス違ってた、全文判明。

森本元さんの全文が判明したみたいですね。 - 現代版徒然草 〜ニートにゃ学校も試験もなんにもない〜

メディア・リテラシー―世界の現場から (岩波新書)

メディア・リテラシー―世界の現場から (岩波新書)

池上彰のメディア・リテラシー入門

池上彰のメディア・リテラシー入門

日本沈没・・・・・・しないためのメディアリテラシー

日本沈没・・・・・・しないためのメディアリテラシー

学校・家庭でできるメディアリテラシー教育: ネット・ケータイ時代に必要な力

学校・家庭でできるメディアリテラシー教育: ネット・ケータイ時代に必要な力

メディアリテラシーの道具箱―テレビを見る・つくる・読む

メディアリテラシーの道具箱―テレビを見る・つくる・読む

  • 作者: 東京大学情報学環メルプロジェクト,日本民間放送連盟,民間放送連盟=,民放連=
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 30回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る

情報の「目利き」になる!―メディア・リテラシーを高めるQ&A (ちくま新書)

情報の「目利き」になる!―メディア・リテラシーを高めるQ&A (ちくま新書)