読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ心理学研究所

幸福度(EQ)アップの研究所です。ポジティブ心理学に出会う前の古い記事はネガティブなので注意。

森本元さんの全文が判明したみたいですね。

森本元首相の発言、該当部分全文抄。

それ全部やって一番最後に真央ちゃん。なんとか頑張ってくれと思って皆見ておられたんだろうと思いますが、見事にひっくり返っちゃいましたね。あの子、大事なときには必ず転ぶんですよね。なんでなんだろうなと。 僕もソチ行って、開会式の翌日に団体戦がありましてね、あれはね、出なきゃよかったんですよ日本は。あれは色んな種目があって、それを団体戦で。特にペアでやるアイスダンスっていうんですかね。あれ日本にできる人はいないんですね。あのご兄弟は、アメリカに住んでおられるんだと思います確か。ハーフ。お母さんが日本人で、お父さんがアメリカ人なのかな。そのご兄弟がやっておられるから、まだオリンピックに出るだけの力量ではなかったんだということですが、日本にはいないもんですから、あの方を日本に帰化させて日本の選手団で出して、点数が全然とれなかった。あともう皆ダメで、せめて浅田さんが出れば3回転半をすると、3回転半をする女性がいないというので、彼女が出て3回転半をすると、ひょっとすると3位になれるかもしれないという淡い気持ちでね。浅田さんを出したんですが。また見事にひっくり返っちゃいまして、結局、団体戦も惨敗を喫したという。その傷が浅田さんに残ってたとしたら、ものすごくかわいそうな話なんですね。団体戦負けるとわかってる、団体戦に何も浅田さんを出して、恥かかせることなかったと思うんですよね。その、転んだということが心にやっぱ残ってますから、今度自分の本番のきのうの夜はですね、昨日というか今朝の明け方は、なんとしても転んじゃいかんという気持ちが強く出てたんだと思いますね。いい回転をされてましたけど、ちょっと勢いが強すぎたでしょうかね。ちょっと転んで手をついてしました。だからそういうふうにちょっと運が悪かったなと思って見ております。

案の定、メディアが一部だけつまんで、しかも短縮して改変した記事とはだいぶニュアンスが異なっているようです。

森さんは特段脇が甘いため、昔から(神の国発言時代から)、メディアの発言一部切り出しする手法のかっこうの標的となっています。

(森喜朗氏はじめ、自民党の多くの議員は神道政治連盟(通称:神政連)の一員。)

全文を受けても、なお森本元元首相の発言に対して嫌悪をいだくというのならそれはそれでありですが、少なくとも場面や前後の文脈を無視して、発言の一部だけ切り出して攻撃の矛先を向ける文化とメディアは褒められたものではありません。
それにまんまと乗せられる大衆も然り。

我々はメディアのイデオロギーと悪意に満ちた煽動に対して耐性をつけなければなりません。

かつての石原都知事とか森さん、麻生さんへの発言の切り出し、歪曲具合とその手法を知っていると、大体特定の人間に対して、またアレをやってるな、というのが記事でわかるようになると思います。
メディアの標的はわりと特定の分野の人間に向いているのでわかりやすいです。

関連記事:発言のごく一部を短縮して抽出するメディアと、まんまとそれに乗せられてしまう大衆 - 現代版徒然草 〜ニートにゃ学校も試験もなんにもない〜

マスコミは何を伝えないか――メディア社会の賢い生き方

マスコミは何を伝えないか――メディア社会の賢い生き方

マスコミは何を伝えないか――メディア社会の賢い生き方

マスコミは何を伝えないか――メディア社会の賢い生き方

楽しく学ぶメディアリテラシー授業―ネット・ケータイ、ゲーム、テレビとの正しいつきあい方

楽しく学ぶメディアリテラシー授業―ネット・ケータイ、ゲーム、テレビとの正しいつきあい方

メディア・リテラシー (情報がひらく新しい世界)

メディア・リテラシー (情報がひらく新しい世界)

メディア・コントロール ―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書)

メディア・コントロール ―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書)