ポジティブ心理学研究所

幸福度(EQ)アップの研究所です。ポジティブ心理学に出会う前の古い記事はネガティブなので注意。

ツイッター封印で見えてきたもの

f:id:lettuce0831:20140315225511p:plain

ツイッターを封印して早一日。

封印した感想。

舌を引っこ抜かれたみたい

私は無職で友人もいないし、外で人と会うということもないから何か思いの丈をぶつける、簡単に発信できるのはツイッターくらいしかない。

「則本乱調だな」とか「将棋はまたプロが負けたのか」とつぶやきたくなるが封印してるのでグッとこらえる。

どこかに発信したくても発信する場がない。この程度の一言二言はブログで更新するほどじゃない。ツイッターがないと「言いたい」を解消する場がない。

また、耳寄りな情報をゲットした時も「シェアしたい」という欲求が出てくる。自分の中だけで留めておくのは非常にもったいない気がする。

今日なんかは「BEPUik in Blender 2.70 - 変態的な動きもラクラク!Blenderの次期バージョンに対応予定のフルボディIKシステム! | 3D人 -3dnchu- 毎日更新CG系情報サイト」という記事でBlenderの新機能を見た時なんか「後半の動き変態的だなw」とつぶやきたくなったが衝動を抑えた。

今からする行動をツイートできない

「風呂入るか」とか「○○する」とかはついつぶやきたくなってしまう。

こんなツイートは誰からも得する情報でもなんでもないんだが、行動をツイートしてしまいたくなる。つぶやかないと気がすまない。

「○○する」「○○した」は異常なつぶやき衝動を有する。

TLを見ないのは平気だが

ツイッターのタイムラインを見ないというだけだったら割りと平気に思う。

その時間を有効なことに活用したほうがいい。

しかしつぶやきたい衝動は発散の仕様がない気がする。だってニュースとか記事みたらツッコミたくなるじゃないですか。ツッコミを全世界に配信したくなるじゃないですか。

依存症かこれ

過去にはこういったツール、SNSはなかったので自分のすること、見たもの、見るものを逐一報告したいなんていう衝動は一片もなかった。

最初にツイッター始めた時だって、なんでわざわざ行動をつぶやかないといけないのか、面倒くさいし、何が楽しいのか、そういった気持ちだったのにいつの間にやら何か心の動きがある度に、その心で思ったことをネットで発信し周りに知らせたいという衝動が常態化してしまっている。

恐ろしいツールだツイッター。

ツイッターの魔力に抗ふべきか、抗はざるべきか

習慣化してしまっているから、つぶやき衝動があるんであって、元々こんなツールはなかった世界なので慣れてしまえばきっと平気になるのだろう。

問題は、ツイッターを切り離した後に得があるかということだ。大半は余計な情報しかないが、ツイッターでしか知り得ない情報、ツイッターでしかできない交流もある。

落とし所をどこらへんにするかということが問題だ。

れたすちゃん!ツイッターやめへんで!!

ということで、ツイッター辞めるというより頻度を減らそうと思う。麻薬依存を辞めるのだ。

f:id:lettuce0831:20140315224937p:plain

ツイログで分析されたツイートの頻度はこんな感じだ。1日平均21件ツイートしている。

f:id:lettuce0831:20140315224940p:plain

さらに最近のツイート数はこんな感じ。およそ50前後のツイートをしている。

これは一般的に見て多いのだろうか。普通なのだろうか。

f:id:lettuce0831:20140315225511p:plain

ツイートは一日10を上限に目標を設定してみよう。TLも見るのも極力控えよう。