ポジティブ心理学研究所

幸福度(EQ)アップの研究所です。ポジティブ心理学に出会う前の古い記事はネガティブなので注意。

ブログタイトルを変更しました。

ブログタイトルを『昨日起きて今日寝る』から『前向きに行こう』に変更しました。

ちなみにその前は『現代版徒然草』で、約二年前のブログ開設当初からずっとこのタイトルで来ていて先月くらいに『昨日起きて今日寝る』というタイトルにしたばかりで、『昨日起きて今日寝る』は約一ヶ月でお役御免となります。

改称の理由

ブログ改称の理由としては、後ろ向きなことをグダグダ語っていても世界も自分も変わるわけでもないし、それならいっそ前向きなことしか言わない、しないようにしようという決心の表明です。

これからこのブログは前向き行動実践ブログとなります。二度と後ろ向きな言動を取らないことにします。

ちなみに、最近の前向き行動の影にはアドラー心理学の影響が多分にあります。

たまたまニコ生で見た番組で、ホリエモンが『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』、『ディズニーランドが日本に来た! 「エンタメ」の夜明け (講談社+α文庫)』という二冊の本を推薦していたことがアドラー心理学に触れるきっかけでした。
ホリエモンでもヒッチハイクなどをして自分の肝を鍛える努力をしていたという話をきいて、推薦する図書にも興味を持ちました。

嫌われる勇気はkindle電子版を購入して大体3日ほどで読了しました。エンタメの夜明けはそこまでの興味がそそらない感じで途中まで読んで放置中です。

嫌われる勇気の感想としては、まずこんな考え方があったのかという感じでした。フロイトは知っていましたが、目的論と原因論、まったく聞いたことのない考えでした。原因論の否定がアドラー心理学の基本です。
他にもいろいろ語りたいことはありますが、それは後日で。
とにかく、現状与えられたものに対する不満を言ってても何も始まらなくて、与えられた物をどう使うかというアドラー心理学の教えは真理だと思います。

経緯はそんな感じで、これからは前向き実践ブログとしてケイゾクします。

  • 足りないのは能力ではなく勇気
  • ひとりの例外もなくいまこの瞬間から幸福になることできる

果たして本当にそうなのか、私の人生を賭して実験してやりましょう。

現在実行中の前向きなこと

  • 英語の勉強中
  • 彼女を作るためにナンパとかの練習中

英語の勉強中

レイヤーの高層にある知識や技術ほど移ろいが激しいものです。

もう、レイヤーの高い界隈の情報の移ろいに振り回されるのにはうんざりしていました。

そこで、今後永久に力になりつづける知識といったらなんだろうといったら、やはり言語です。
言語はそうそう簡単に移り変わるものではありません。一度身につけたら一生の力となることは間違いありません。
中でもとりわけ、英語を覚えたら、ここ英語不得意な日本において圧倒的な力となりえます。

そういう事で英語の勉強に本腰を入れ始めました。

iKnowというサイトで月謝を払って勉強しています。お金があったらDMM英会話もやりたいんですが、ひとまずiKnowです。

本気で彼女を作るための行動を始めた

ブログのプロフィールにも書いてあってご承知の通り、私は生まれてこの方彼女がいません。

もうずっと早い段階で諦めてて、それでもなんとなく淡い期待は抱いてたのですが、この年齢になるまで何もアクションを起こせず、ブサメンなので相手から寄ってくるわけもなく、やっぱり無理でした。
なので今年の6月くらいから街コンとかに行きだしてそれなりに行動はしたのですが、どうにも無理でした。この時点で5割くらい頑張ってるでしょうか、でも当時の自分の中では全力を出しているつもりです。

ですが、色々な可能性を探った結果、街コンダメ、ネットの出合い系はもっとダメ。こういう結論を出して、あらゆる甘えを断って自分にスパルタになって本気の本気で取り組むことにしました。

街コンがダメな理由としては、接触時間が短いため、見た目の印象重視になりやすく、ルックスの悪い僕のような人間は中身を知る未満の段階で切られてしまうからです。6月に初めて行って約二ヶ月くらい街コン頑張りましたが、参加費が高いのに成約の可能性の低い街コンは切ることにしました。

次に出合い系ですが、ネット上の男女の需給バランスは完全に女性の需要が多く、それに対して男の供給過多で、女性一人あたりにかなりのメッセージが行き倍率が非常に高いため、そもそも返信が来ないか、すぐに音信不通になることがほとんどです。なのでこれも望み薄で切ることにしました。

ということで、本気で取り組む為に残された道はナンパとなりました。

ナンパの方が一見、難易度が高そうに思えますが、倍率という面で見ると、むしろブルーオーシャンなのではという見方もあります。

そんなわけで、色々ナンパやコミュニケーションの取り方について猛勉強し、実践段階となっています。