読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ心理学研究所

幸福度(EQ)アップの研究所です。ポジティブ心理学に出会う前の古い記事はネガティブなので注意。

髪を切ってきた。その時に思ったこと

生活

髪を切って来た。

新年になってから、自分で髪を切るのから卒業した。

実は中3くらいから今まで、10年以上自分で髪を切ってきた。それを今年からやめることにした。

理由は、変化。
何か変化をつけようと思った時に、散髪もそのひとつにした。

自分で髪を切ることにはある程度慣れているが、見えない後ろは勘で切るしかないし、多分とてもダサいことになっていただろう。

とある記事に、自分で髪を切るのをやめたらモテ出したとかいうのもあったし真偽は定かではないが、少なくとも自分で髪を切るよりはプロが切ったほうがかっこいいしモテ要素はアップするだろう。

そういうことで、今まで無頓着だった髪型にもこだわりとまではいかないが、きちんと向き合うように決めている。

髪を切るタイミング

自分が髪を切るタイミングは、居ても立ってもいられなくなったらだ。 癖毛なので伸びるとゴワゴワしだして、シャンプーもしづらくなるし、寝癖もすごいことになる。

こうなるともう居ても立ってもいられなくなって、床屋で切るべきなのだが、この衝動と実際に切ってもらうまでのラグに耐え切れないというのも理由のひとつになってて今までは自分で切っていた。

それをぐっと我慢して、週末に切ろうと誓いを立てた。

しかし水曜日の今日、やはりどうしょうもなくさっさと切りたい衝動に駆られたらので、結局週末まで待てず今日中に切ってしまった。
思い立ったが吉日ということではなくて、単に我慢できない質なのだ。
仕事終わりは19時だが、床屋というものは結構20時までやってるところがあるらしい。
予約も不要ということだったのでありがたく訪問した。

私が床屋が苦手なその他の理由

ラグに耐え切れないという他にも床屋が苦手な理由はある。
まず、ブサメンだから鏡に直面したくないし、店員に他の客とも比較されたくないということもあるのだ。

あと、DTの松本人志も言っていたが、人様(理容師・美容師)にジロ見されながら鏡に向かってじっと静止しているのは妙な気恥ずかしさがある。

そんなこんなで苦手だから、できるなら行きたくない場所ではある。

髪型のオーダーの仕方

写真をiPhoneにストックして見せている。
ここで注意すべきなのは、恥ずかしいプライバシーや通知を見られないために工夫を凝らす必要があるということ。

まず、変な通知が来て赤面しないために機内モードにして通信を遮断しよう。
そしてホームボタンを3回押下して、画面をロック。これで写真アプリ以外見られないようになる。

最近自分の定番にしつつある髪型

とりあえず私は、癖毛なので長髪は無理、伸びるとすぐゴワゴワしてくるのでベリーショートと呼ばれている長さにしている。

mens-hairstyle.jp

ベリーショートの中でもツーブロックと、アップバングが自分程度の人間でもそれなりに似合う定番なのではないかと考えている。このふたつの単語も最近知ったもので、アップバングにいたっては今日知った言葉だ。

アップバングは何かというと、どうやら前髪をアップさせている髪型のことをいうらしい。
たしかにあれは前々からさわやかで格好いいと思ってたし、自分も真似したいと思ってたから、ちゃんとした名前がついているのだなとわかってスッキリした部分はある。
しかし、こんな横文字を横行させるのはいったい誰だ。

ホームページのあるお店のほうが行きやすい

そして今日思ったことは、理容室や美容室はきちんとホームページを持ったほうがいいということ。
利用者が知りたいのは営業時間や料金、そして店内の雰囲気だ。
営業時間はGoogleが勝手にリストアップしてくれているが、料金はそうではない。

どういうメニューがあって、どのくらいの料金なのかは店を決める材料にもなるし、所属している理容師(美容師)や、ブログなどで写真もアップされていると雰囲気が摑めて行きやすくなるのでホームページを持ったほうが得だと思った。

今日行ったところはホームページがなかったので少し勇気が要った。

ヘアカタログのモデルがイケメンすぎる問題

そしてもうひとつ思ったこと。

それは、「メンズヘアカタログの写真のモデルにイケメンを使うな!」ということ。
私みたいなブサメンが、イケメンの写真を指差して「こうしてください」と頼むのはそれなりに羞恥心があるのだ。
なのでモデルには修正かましてのっぺら坊にしてください。

ヘアカタログのモデルはイケメンすぎる。

床屋の顔剃りやシャンプーはやはり気持ちいい

16年ぶりくらいにまともに床屋に行って、久々のシャンプーや顔剃りだったが、やはり気持ちいい。
独特のシャンプーやシャンプー後の謎の液体の匂いも好きだ。

サイドと襟足がスッキリしたので心地よい。

帰りは幸楽苑でラーメンを食べて帰った。

おしゃれヘアカタログ 2016 SPRING (HINODEMOOK)

おしゃれヘアカタログ 2016 SPRING (HINODEMOOK)

クロワッサン特別編集 大人の髪型はこれで決まり おしゃれヘアカタログ。 (マガジンハウスMOOK)

クロワッサン特別編集 大人の髪型はこれで決まり おしゃれヘアカタログ。 (マガジンハウスMOOK)